白髪染めのやめ方

先日もお客さんと白髪染めをやめるべきか続けるべきか…という話題が出たばかりでこの記事が目に留まりました。

18歳からの白髪染めをやめたら「自由」になれた。グレイヘアを「育てた」女性が乗り越えた葛藤

白髪の割合が多くなってくると必ず考えてしまうであろう白髪染めをいつまで続けるかの問題。

何があっても染め続ける!という信念を持っている方でしたら迷いなく染め続けていけばいいと思います。

そんな方には、ボクも美容師として出来るだけ負担にならないような方法を提案していきたいと思っています。

しかし、白髪染めを続けることに疑問を持ってしまうと染める度に考えてしまいますよね。

ボクは髪を染めるのも仕事ですが、染めるのをやめたいと思っている方のサポートをするのも自分の役目だと思っています。

お客さま自身がそれぞれのスタイルを持って日々を笑顔で過ごすことが出来るのが一番ですからね!そのお手伝いが出来ればと思っています。

そんなわけで、今回はどうやったらスムーズに白髪染めをやめていくことが出来るかということを考えてみましたので参考にどうぞ。

白髪染めのやめかた

きっぱり染めることをやめる

当たり前ですが、この方法が一番早く地毛の状態に戻すことが出来ます。ただし、周りの方からは様々な意見があるでしょうね。まずは周りから何と言われようが自分のスタイルをつらぬく信念を持つことが大事かもしれないですよね。

ベリーショートにする

中途半端に伸びた白髪も、髪が短い方が気になりにくいです。こんな機会にヘアスタイルもガラリと変えてみるのもいいかもしれませんね!

ヘナに変える・ヘナの色味を変える

今現在、一般的なヘアダイを使った白髪染めをしている方でしたらヘナにかえてみるのもいいですよ。

ヘアダイでの髪を染めるプロセスは脱色&染色。一方ヘナの髪を染めるプロセスは脱色はせずに染色のみなので髪・地肌への負担は格段に減らすことが出来ます。

また、ヘナは使う色味によってある程度染まり具合を調節することもできるので、これまでの隠す白髪染めからぼかす白髪染めへと移行するイメージですね。

帽子やウイッグでやり過ごす

いざ染めるのをやめようかと思っても白髪が伸びた中途半端な時期を想像すると一歩踏み出せない方も多いかと思います。どうせなら一気に白髪になったらいいのに!と思いますよね。

そんな時は、せめて外出時は帽子や部分的なウイッグでカバーするのはどうでしょうか?

それだけでもだいぶ気が楽になるのではないでしょうかね。

白髪用のマスカラ・カラースプレーを使う

これもあくまでもシャンプーするまでの一時的なモノですが、どうしても帽子などを脱がなくてはいけない場所へ出る時にオススメです。

まとめ

長く続けてきたことをいざやめるというのはホント簡単なことではないと思います。

せめて上にあげた方法を組み合わせることで少しはやめやすくなるのではないかな?いうと思いからの提案です。

いずれにせよ最終的に決断するのは自分自身なんですよね。

じっくり悩んで自分自身が心地よく過ごせるスタイルを見つけることができるといいですね♪

ちなみに、実際に白髪染めをやめてみたら「楽になったー!」とおっしゃる方がほとんどですよ。

グレイヘアが似合わないと思ったらまた染めることもできますしね!

ではでは

18歳からの白髪染めをやめたら「自由」になれた。グレイヘアを「育てた」女性が乗り越えた葛藤

Instagramはこちらです→tabisurubiyoushitsu

D.I.Y・セルフリノベーション専用アカウントはこちらです→tabisuru_d.i.y

旅する美容室は 予約制 です

接客中は電話対応ができない事もありますので

ご予約 お問い合わせ 質問などは『LINE、各種SNS、メール』が助かります!

旅する美容室の予約 問い合わせの方法

手が空き次第返信させていただきます!

どんなことでも気軽にお問い合わせくださいね♪

スポンサーリンク
旅する美容室のブログ