ヘナとインディゴを使った2度染め後ドライ時に手が青くなる

「ヘナとインディゴを使った2度染め」をした後の数日間は、ドライヤーの後、ブラッシングした後などに

指やブラシが青く色が付くことがあります。


基本的に、お店でヘナ&インディゴを使って髪を染めた場合は、

発色を最優先にするため、シャンプーはせずに流しのみで対応しています。

そのため、完全に流れきれなかった余分なインディゴが髪に残り、こうしてドライした時などに指やブラシに色がついてしまうわけです。

念のため、数日間は白い服の襟元なども注意して下さいね。

発色を最優先するなら、そのまま気にしなければ数日で収まります。

どうしても気になるのであれば、シャンプー剤を髪につける前によく泡立て、

その泡で優しくモミ洗いすると少しは気にならなくなりますのでお試しください。

ではでは

旅する美容室で使用するヘナ&ハーブ類は全てハナヘナの製品を使用しています。

旅する美容室は 予約制 です

接客中は電話対応ができない事もありますので

ご予約 お問い合わせ 質問などは『LINE、各種SNS、メール』が助かります!

旅する美容室の予約 問い合わせの方法

手が空き次第返信させていただきます!

どんなことでも気軽にお問い合わせくださいね♪

スポンサーリンク
旅する美容室のブログ