東日本大震災を経験した旅する美容室の地震対策

このところ各地で自然が猛威をふるっていますね。

被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

ボク自身も2011年に起きた東日本大震災の際は、福島県で美容室を経営していて震度6弱の揺れを経験しました。

地震が起きた時はお客さまのカット中でしたが、身の危険を感じお客さまと共に店の外へ飛び出しました。

しばらくしても余震が収まる気配もなく、店内もグシャグシャ。

中断したカットは最後まで仕上げることが出来ませんでした。

しかし、そのお客さまには申し訳なかったのですが、カットの最中だったというのが不幸中の幸いでした。

もしもあの時、パーマやカラーリングで薬剤を使用中だったらどうしていただろうか…

停電になればドライヤーはもちろん、電気によって動いているボイラーからのお湯も使えなくなります。

それ以前に、どこかで水道管が破裂すれば水さえも使えなくなります。

もしもを想定すればキリがありませんが、どんな最悪の状況になっても責任をもって薬剤だけは流さなければいけないと思っています。

そんなもしもの状況も考え、現在はいくつかの対策をしています。

ポータブルシャワー

乾電池、もしくは車のシガーソケットから電源をっとってポンプを動かすことが出来ます。

最悪、店内がメチャメチャになっても外でシャワーを使って薬剤を洗い流すことが出来ます。

コチラはUSBからの充電と車のシガーソケットが電源として使えるようです。

流し用の水の確保

ポータブルシャワーで水を汲み上げて使います。

ウォータサーバー・ボトルのストック

もし停電になったとしても、ウォーターサーバーの中にはお湯がストックされているので、それを使って薬剤を流せるぐらいのお湯は作れます。

美容室の地震対策まとめ

もし、カラーリングやパーマの最中に地震が来たら…

そんなことを考えたことのある方も多いのではないでしょうか?

美容室では薬剤を使うことも多く、髪・地肌のことを考えると、いかなる場合でも決してそのまま帰っていただくわけにはいきません。

これらを使う機会が来ないことを願いつつ、もしもの時のお守りとして備えています。

ではでは。

旅する美容室は 予約制 です

接客中は電話対応ができない事もありますので

ご予約 お問い合わせ 質問などは『LINE、各種SNS、メール』が助かります!

旅する美容室の予約 問い合わせの方法

手が空き次第返信させていただきます!

どんなことでも気軽にお問い合わせくださいね♪

スポンサーリンク
旅する美容室のブログ
旅する美容室のブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
旅する美容室のブログ