敷居と鴨居をDIY・溝の寸法には決まりがあるようです

タイトルにも書きましたが

「敷居(しきい)と鴨居(かもい)の溝の寸法には決まりがある」のだそうです。

いつもお世話になっている大工さんが教えてくれました。

考えてみれば襖(ふすま)や畳も決まったサイズがありますもんね!

大工さん一人ひとり好き勝手なサイズで作ってたら互換性もなく、何かと大変でしょうからね。

まぁ興味のない方にとってはホントどうでもいい話でなのでこれ以上読んでも何も得られませんのであしからず(笑)

現在、休みのたびに友人宅のリノベーション作業をしています。

床を貼ったり壁をつくったり天井を抜いたりと。

そんな中、今度は友人がヤフオクで落札した室内窓を取り付けることになりました。

もともとの障子の引き戸を外し、柱を立てて合板で補強して窓枠を作り、そこに溝を掘りました。

初めに書いた通り、敷居・鴨居ともに溝のサイズが決まっていて赤線の溝の部分が21mm。黒線の残っている山の部分が12mmだそうです。

溝を削るにはトリマーという電動工具を使います。

水平・垂直に苦労しながらも何とか形になりました。

こうしてやったことがない作業をやらせてくれる友達に感謝!

そんなわけで、リノベーションはまだまだつづく…

ではでは

旅する美容室は 予約制 です

接客中は電話対応ができない事もありますので

ご予約 お問い合わせ 質問などは『LINE、各種SNS、メール』が助かります!

旅する美容室の予約 問い合わせの方法

手が空き次第返信させていただきます!

どんなことでも気軽にお問い合わせくださいね♪

スポンサーリンク
旅する美容室のブログ