壁の下地の探し方

「壁に棚やフックをつけたい」

「テレビを壁付けにしたい」

そんなとき、現在の住宅のほとんどは下地が石膏ボードなので、適当な場所にビスを打ち込んでもビスが効きません。

軽いものであれば石膏ボード用のアンカーやパテなどを利用するのもいいのでしょう。

しかし、重さのあるものの場合は、アンカーごとボコッと壁から外れてしまう恐れがあります。

そんなことを避けるためには石膏ボードの下地となっている柱にビスを打ち込めばいいのです。

では、その柱はどこにあるのか??

壁をコンコンとノックしてみると下地の柱がある箇所は低い音、硬い音がします。

逆に下地のないところは空洞になっているため軽い音がします。

この方法で柱の位置が確認出来れば、そこをめがけてビスを打ち込めばしっかりと固定できますが、、コレがなかなけ見つけにくいんですよね。。

うちなんかは壁が漆喰だから余計に分かりにくいのかもしれません。

そこで、こんなアイテムを買ってみました!

壁裏の見えない柱を探しだしてくれる「下地センサー」

ボタンを押しながら壁面をスライドさせると下地に柱がある場所にさしかかるとライトで教えてくれる優れもの。

本体のLEDランプ、それと本体上の壁面に赤い矢印が出て柱の場所を教えてくれます。

そしてこのモデルは電線警告機能も付いているので、誤って壁裏の電線にビスを打ち込んでしまう…なんてことも防げます。

ちなみに検知可能な素材は、石膏ボードとベニヤ板だそうです。

モルタルやコンクリートの壁には使えないようなのでご注意下さいね。

こちらは直接壁に刺して確認するアイテム。上のと両方使うとより確実かもしれませんね!

旅する美容室は 予約制 です

接客中は電話対応ができない事もありますので

ご予約 お問い合わせ 質問などは『LINE、各種SNS、メール』が助かります!

旅する美容室の予約 問い合わせの方法

手が空き次第返信させていただきます!

どんなことでも気軽にお問い合わせくださいね♪

スポンサーリンク
旅する美容室のブログ